メールマーケティング

はじめに

メールマーケティングは、企業や組織が電子メールを利用して、製品やサービスの宣伝、セールスプロモーション、情報提供などを行うマーケティング手法のことです。メールマーケティングは、インターネットが普及した現在、非常に広く利用されている手法の一つで、低コストかつ高効果な手段として知られています。

メールマーケティングの具体的な手法としては、顧客や見込み客の電子メールアドレスを集め、定期的にメールマガジンやニュースレターを送信する方法があります。また、新製品の発表やセールスプロモーションの情報を配信するために、特定のターゲット層に向けたメール配信を行うこともあります。

メールマーケティングの成功には、顧客データベースの正確性やセグメンテーションの精度、ターゲット層に対する適切なメッセージング、メールの配信タイミングや頻度、そしてスパム対策などが重要な要素となります。また、最近ではGDPRやCAN-SPAM法などの個人情報保護法に対する遵守も、メールマーケティングにおいて重要な課題となっています。

メールマーケティングのメリット

メールマーケティングには、以下のようなメリットがあります。

  1. 低コスト: メールマーケティングは、チラシやポスター、テレビCMなどの広告手法に比べて、低コストで実施できます。また、一度顧客データベースを構築してしまえば、毎回新しい顧客データを集める必要がないため、継続的にコスト削減が可能です。
  2. ターゲティング性: メールマーケティングでは、顧客データベースを利用して、顧客や見込み客の属性や購買履歴に応じたターゲティングが可能です。そのため、より適切なメッセージングができ、効果的なマーケティング施策を実施することができます。
  3. 計測性: メールマーケティングでは、配信率や開封率、クリック率、購買率などのデータを計測することができます。これらのデータを利用することで、施策の効果を評価し、改善することができます。
  4. リレーションシップ構築: メールマーケティングは、定期的に情報提供を行うことができるため、顧客とのリレーションシップを構築することができます。また、顧客からのフィードバックを受け取り、製品やサービスの改善につなげることができます。
  5. 時間と場所にとらわれない: メールマーケティングは、インターネットに接続できる場所であれば、いつでもどこでも実施することができます。そのため、時差や地理的な距離に左右されることなく、効果的なマーケティングが可能です。
  6. メールマーケティングは比較的容易に実施できるため、他社がまだ実施していない場合には、早期に始めることで競合優位性を確保することができます。また、競合他社が実施していても、自社のメールマーケティングの施策内容や配信タイミング、メッセージングなどを工夫することで、他社との差別化を図ることもできます。しかしながら、士業・FP・コンサルタントですと続かない方も多いのが実情です。第一人者の地位を気づくことも可能になります。

そのため、競合他社に追いついたり、追い越したりすることができる可能性が高く、有意義に活用できるマーケティング手法の一つと言えます。

メールマーケティングと従来の方法との違い

従来のマーケティング手法とメールマーケティングの比較表を示します。

比較項目従来のマーケティング手法メールマーケティング
顧客ターゲティング汎用的であるため、顧客属性や購買履歴などに基づく細かなターゲティングが困難顧客データベースを利用して、属性や購買履歴などに基づいたターゲティングが可能
コスト高額な広告費用が必要な場合があり、コストが高い低コストで実施できるため、コスト削減が可能
計測性広告効果が直接的には測定できない場合があり、施策の効果が不透明配信率や開封率、クリック率、購買率などのデータを計測することができ、施策の効果を評価し、改善することができる
コミュニケーション一方的な情報提供が主体であり、双方向のコミュニケーションが困難定期的に情報提供を行うことができ、顧客からのフィードバックを受け取り、製品やサービスの改善につなげることができる
時間と場所の制約時間や場所に左右され、制約があるインターネットに接続できる場所であれば、いつでもどこでも実施することができる

このように、従来のマーケティング手法とメールマーケティングには、顧客ターゲティング、コスト、計測性、コミュニケーション、時間と場所の制約などの違いがあります。そのため、メールマーケティングは、従来のマーケティング手法と比較して、より効果的なマーケティング手法です。なので、今後オンラインマーケティングを加速したい、始めたいと言うあなたにはとても重要な話題と言えるでしょう。

メールマーケティングが注目され続ける背景

メールマーケティングが注目され続ける背景とその理由を表にまとめました。

背景理由
インターネット利用の普及インターネットを利用する人が増加し、より多くの顧客にアプローチすることができるようになった。
マーケティング技術の進歩顧客データベースを利用したターゲティングや自動化、AIによる分析などが可能になり、より効果的なメールマーケティングが実現できるようになった。
データプライバシーの保護意識の高まり個人情報保護法に適合することが求められるようになり、顧客からの許可を得て、正しく利用すれば、より質の高い情報提供ができるようになった。
効果測定の容易性配信率や開封率、クリック率、購買率などのデータを容易に計測でき、施策の改善や効果測定を行うことができるため、マーケティング戦略の最適化につながる。
コミュニケーションの多様化広告やプロモーション情報の配信にとどまらず、顧客とのコミュニケーションを行うことができ、顧客ロイヤルティを高めることができるようになった。

これらの要因が相まって、メールマーケティングが注目され続ける理由となっています。

メールマーケティング利用者は、73.6%!

日本におけるメールマーケティング利用者数の推移は、公式の統計データが存在しないため、正確な数値を示すことはできません。しかし、日本国内でメールマーケティングに取り組む企業数や、メールマーケティングに関する調査やアンケート結果から、以下のような推移が考えられます。

近年、日本でもメールマーケティングの利用が増加傾向にあります。たとえば、2018年に行われた調査によると、日本の企業のうち約6割がメールマーケティングを実施しており、2020年には73.6%に増加しています。また、同調査では、メールマーケティングを実施する企業のうち約8割が、メールマーケティングの効果に満足していると回答しています。

また、2021年には、日本マーケティング協会が実施した調査によると、企業がメールマーケティングを行う目的として、顧客とのコミュニケーション・関係構築を挙げる企業が最も多かったことが明らかになっています。

以上のように、メールマーケティングの利用は、日本でも増加傾向にあり、企業にとって重要なマーケティング手段として認知されていることがわかります。

メールマーケティングを始める手順

全体像

メールマーケティングを始める手順を表にまとめました。

手順内容
1. 目的を明確にするメールマーケティングを行う目的を明確にし、どのような成果を得たいのかを定める。
2. 顧客データベースを整備する顧客データベースを整備し、顧客属性や購買履歴などを把握する。
3. ターゲットを設定する顧客属性や購買履歴などに基づいて、ターゲットを設定する。
4. メール配信ツールを選定するメール配信ツールを選定し、顧客データベースをインポートして配信リストを作成する。
5. メールのデザインとコンテンツを作成するメールのデザインやコンテンツを作成し、メール配信ツールにアップロードする。
6. メールのテスト送信を行うメールのテスト送信を行い、メールの内容や表示確認を行う。
7. メール配信スケジュールを設定するメール配信スケジュールを設定し、配信日時を決定する。
8. メールを配信するメール配信を実施し、開封率やクリック率などのデータを収集する。
9. データの分析と改善開封率やクリック率、購買率などのデータを分析し、改善点を把握し、次回のメールマーケティングに活かす。

上記手順を参考に、計画的にメールマーケティングを実施すると良いでしょう

組織・体制面は?

組織・体制面で考慮すべき点は以下の通りです。

  1. チーム編成: メールマーケティングを担当するチームを編成することが重要です。チームには、メールマーケティングの戦略策定やデザイン、コンテンツ作成、配信スケジュールの管理、データ分析などの役割を担うメンバーを配置することが望ましいです。
  2. ツール導入: メール配信ツールやデータ分析ツールなどの導入が必要です。これらのツールは、チームの作業を効率化するだけでなく、データの収集や分析など、メールマーケティングを成功させる上で欠かせない機能を提供しています。
  3. ガイドライン作成: メールマーケティングを行う上でのガイドラインを作成することが重要です。ガイドラインには、配信内容やターゲットの設定、配信スケジュールの決定など、チーム全体で共有すべき方針やルールを明確にすることが含まれます。
  4. リソース確保: メールマーケティングを行うためには、リソースの確保が必要です。具体的には、予算や人員、データベースの整備などが挙げられます。これらのリソースを事前に確保しておくことで、スムーズなメールマーケティングの実施が可能になります。

以上のように、メールマーケティングを始めるにあたっては、組織・体制面でも慎重な検討が必要です。適切なチーム編成やツール導入、ガイドライン作成、リソース確保などを行い、チーム全体で一丸となってメールマーケティングを進めることが、成功の鍵となります。

STEP1:目的を明確にする

メールマーケティングを行う上で考慮すべき目的を表にまとめました。

目的例内容
売上の増加メール配信を通じて、新規顧客獲得やリピート購買促進など、売上アップに直結する目的を定める。
ブランド認知の向上ブランドアイデンティティや商品・サービスの特徴を伝え、顧客との良好な関係を築くことで、顧客のファン化や口コミ拡散など、ブランド認知の向上につなげる。
顧客ロイヤルティの向上顧客にとって有益な情報提供や、特典やキャンペーンの実施などを通じて、顧客の満足度や忠誠心を高めることで、顧客ロイヤルティの向上につなげる。
顧客の行動変化新製品の紹介や限定商品の販売などを行い、顧客に購入や予約などの行動を促すことができる。

これらの目的を明確に定め、戦略の立案やKPIの設定、配信内容の作成などを行うことで、効果的なメールマーケティングの実施が可能になります。

STEP2.顧客データベースを整備する

手順内容
顧客情報の収集氏名、住所、電話番号、メールアドレス、購買履歴、興味関心などの顧客情報を収集し、データベースに保存する。
データの整合性確認顧客情報が正確かつ正当であることを確認する。たとえば、メールアドレスが誤っていたり、退会した顧客の情報が含まれていないかを確認する。
セグメンテーションの実施顧客データをセグメンテーションし、ターゲットの設定を行う。購買履歴に基づいて、特定の商品を購入した顧客に向けた配信を行うなどが可能。
データの更新顧客データは常に変化しているため、定期的に更新する。変更された情報を反映することで、メールマーケティングの効果を高めることができる。
データの保護顧客データはプライバシーに関わる重要な情報であるため、保護する必要がある。個人情報保護法に則ったデータ管理や、情報漏洩対策などを実施し、顧客の信頼を獲得する。

これらの手順を実施し、正確かつ適切な顧客データを整備することで、より効果的なメールマーケティングを実現することができます。

STEP3. ターゲットを設定する

メールマーケティングにおけるターゲット設定の手順を表にまとめました。

手順内容
1. セグメンテーション顧客データをセグメンテーションし、共通点を持つグループを作る。例えば、購入履歴や地域、年齢、性別などに基づいて分類する。
2. ターゲットの選定セグメントごとにターゲットを選定する。目的や配信内容に合わせて、ターゲットを絞り込むことが重要。
3. リストの作成ターゲットごとにリストを作成する。リストは、配信先のメールアドレスや名前などの情報をまとめたものである。
4. テスト配信リストを作成した後、実際に一部の顧客に対してテスト配信を行うことで、配信内容や配信タイミングなどの改善を行う。
5. 配信スケジュールの設定ターゲットごとに配信スケジュールを設定する。配信頻度や配信タイミング、送信時期などを決定する。

これらの手順を踏み、ターゲット設定を行うことで、より効果的なメールマーケティングを実現することができます。

STEP4. メール配信ツールを選定する

基準内容
機能性メール配信だけでなく、リスト管理や分析機能、自動返信機能など、必要な機能が備わっていることが望ましい。
使いやすさインターフェースが分かりやすく、操作が簡単であることが望ましい。
カスタマイズ性テンプレートや配信内容のカスタマイズが容易であることが望ましい。
コスト適切な価格帯であることが望ましい。
セキュリティ個人情報の保護や情報漏洩対策が十分に行われていることが望ましい。
サポート体制問い合わせに迅速に対応してくれるサポート体制があることが望ましい。

これらの基準を踏まえ、複数のメール配信ツールを比較検討し、最適なツールを選定することが重要です。また、選定したツールを効果的に活用するためには、ツールの機能や操作方法を理解することが必要です。

5. メールのデザインとコンテンツを作成する

メールのデザインとコンテンツ作成の手順を表にまとめました。

手順内容
1. 目的を明確にするメールの目的や配信タイミング、ターゲットに合わせて、配信内容を決定する。
2. メールデザインの決定ブランドアイデンティティに沿ったデザインを決定する。テンプレートを使用するか、オリジナルデザインを作成するかを決定する。
3. コンテンツ作成メールのコンテンツを作成する。タイトル、本文、画像、リンクなどを作成する。
4. メールテストテスト配信を行い、メールの表示確認やリンク切れなどの問題を修正する。
5. 配信スケジュールの設定配信タイミングや配信頻度を決定し、配信スケジュールを設定する。
6. 配信先の選定セグメンテーションやターゲットに合わせて、配信先を選定する。
7. メールの配信メール配信ツールを使用して、配信を実施する。
8. 効果測定配信後の効果を測定し、改善点を把握する。開封率、クリック率、コンバージョン率などを分析し、改善点を見つける。

これらの手順を踏み、魅力的なデザインと鮮度の高いコンテンツを作成することで、より効果的なメールマーケティングを実現することができます。

STEP6. メールのテスト送信を行う

メールのテスト送信を行う手順を表にまとめました。

手順内容
1. テストアカウントの作成テスト用のメールアカウントを作成する。
2. テストメールの作成メール配信ツールを使用して、テストメールを作成する。
3. 送信先の指定テストメールを送信するアドレスを指定する。
4. テスト配信の実施テストメールを実際に送信し、表示確認やリンク切れなどの問題をチェックする。
5. 問題の修正テスト配信で問題が発生した場合、修正を行い、再度テスト配信を行う。
6. 正式な配信の実施テスト配信で問題がないことを確認したら、正式な配信を実施する。

これらの手順を踏み、テスト配信を行うことで、メールの表示確認やリンク切れなどの問題を事前に修正することができます。

STEP7. メール配信スケジュールを設定する

メール配信スケジュールを設定する手順を表にまとめました。

手順内容
1. 配信頻度の決定配信する頻度を決定する。毎週、毎月、季節ごとなど、ターゲットに合わせた配信頻度を設定する。
2. 配信タイミングの決定配信する時間帯や曜日を決定する。メールを開封しやすい時間帯や曜日を選択することが望ましい。
3. スケジュールの設定メール配信ツールを使用して、配信スケジュールを設定する。配信日時や配信間隔を決定する。
4. キャンペーンスケジュールの作成キャンペーンごとに配信スケジュールを作成する。目的やターゲット、配信内容に合わせて、配信スケジュールを設定する。
5. テスト配信の実施配信スケジュールを設定した後、テスト配信を実施することで、配信日時や配信間隔などの改善を行う。
6. スケジュールの修正配信スケジュールに問題があった場合は、修正を行う。

これらの手順を踏み、効果的なメール配信スケジュールを設定することで、ターゲットに合わせた配信タイミングや頻度を決定することができます。また、定期的にスケジュールの見直しを行うことで、より効果的なメールマーケティングを実現することができます。

STEP8. メールを配信する、9. データの分析と改善

手順内容
8. メールの配信メール配信ツールを使用して、作成したメールを配信する。
9. データの分析と改善配信後のデータを分析し、改善点を把握する。開封率、クリック率、コンバージョン率などを分析し、改善点を見つける。

これらの手順を踏み、メールを配信し、その後のデータを分析し改善点を把握することで、より効果的なメールマーケティングを実現することができます。また、メールマーケティングは定期的な見直しが必要です。定期的に配信内容や配信スケジュールを見直し、改善点を把握することが重要です。

メールマーケティングを始めたいならMailchimpがおすすめ

Mailchimpは、メールマーケティングに必要な機能を網羅しているだけでなく、使いやすさやカスタマイズ性に優れているため、多くの企業や個人におすすめされています。

理由1: 機能性の充実

Mailchimpには、メール配信だけでなく、リスト管理や分析機能、自動返信機能、SNS広告配信など、必要な機能が備わっています。

理由2: 使いやすさ

Mailchimpのインターフェースは、分かりやすく、操作が簡単です。初心者でも簡単に操作できるため、導入コストが低く済みます。

理由3: カスタマイズ性

Mailchimpには、豊富なテンプレートが用意されており、配信内容のカスタマイズが容易に行えます。また、カスタムHTML編集機能もあるため、デザイン性の高いメールを作成することができます。

理由4: コスト

初めての利用者は、無料プランで利用することができます。有料プランもリーズナブルで、中小企業や個人でも利用しやすい価格設定となっています。

理由5: セキュリティ

個人情報の保護や情報漏洩対策に力を入れており、安心して利用することができます。

理由6: サポート体制

Mailchimpのサポートは、日本語対応があり、問い合わせに迅速に対応してくれます。また、豊富なマニュアルやFAQも用意されており、初心者でも安心して利用することができます。

他にも、Mailchimpには、件名ヘルパーという機能があります。この機能を使うと、ターゲット層や配信タイミング、過去の配信結果などを分析し、より効果的な件名を提案してくれます。

具体的には、件名ヘルパーを利用すると以下のような機能が使えます。

  • ターゲット層に合わせた提案:メールを受け取るターゲット層に合わせた適切な言葉を提案してくれます。
  • 適切な配信タイミングの提案:適切な配信タイミングを提案してくれます。
  • 直近の配信結果からの提案:過去に配信したメールの結果をもとに、より効果的な件名を提案してくれます。

このように、件名ヘルパー機能を使うことで、より効果的な件名を作成することができます。

下の画像をクリックすると、スライドが表示されます。

ネット集客仕組み化Mailchimpガイドコース

Mailchimpを活用して、マーケティングを自動化する方法がわかります。興味ある方は、下記の詳細をクリックしてみてくださいね!

Mailchimpガイドコースの詳細をチェックする

CTA(お問い合わせ)

本ページ・メルマガ読者限定のご案内です。